不動産を短期間で売却したい!?知っておくと得する不動産買取の豆知識を分かりやすく解説

こちらのサイトでは、相続した不動産やマイホームをなるべく早く売りたい人に最適な知って得する不動産の豆知識を初心者の方でも分かるように解説してあります。
不動産買取は何となく知っているけれども、相続した家が再建築不可物件で仲介では売れない場合も対応ができるのか、メリットには比較的短期間で現金化ができるなどがあるけれども売却価格は市場相場と比べて安いのかなど、幅広く解説しているので参考にされることをおすすめします。

不動産を短期間で売却したい!?知っておくと得する不動産買取の豆知識を分かりやすく解説

不動産買取とは、文字通り不動産を専門の会社が買い取ることを意味するものです。
一般的に、不動産の売却は仲介業者を利用して購入したい人を探すことになりますが、仲介の場合は中々売れないことも少なくありません。
その点、不動産買取は買取業者を決まると見積もりの提示額で売却が成立するので短期間で売りたい人からの注目が集まっているようです。
なお、不動産買取は再販するためのコストが必要になるので、市場での買取相場より下がるケースがあることを把握しておきましょう。

そもそも不動産買取とは?仲介売却との違いを解説

一般的にマイホームを売るときには、不動産会社に依頼して購入したいお客さんを探して貰うことになります。
この場合は、仲介業者と媒介契約を結んで販売活動をスタートさせることになるのですが、媒介契約には一般媒介契約などを含めた3つの方法があり、一般媒介以外は他社と契約ができないルールになっています。
不動産買取は、仲介売却とは異なり直接不動産会社に売るやり方になるので、媒介契約を結ぶ必要もありませんし売却が成立したときに発生する仲介手数料を支払う必要もないわけです。
なお、仲介売却は購入希望者が見つかるまでの間は売ることができない、契約期間が過ぎた後は更新はできるけれども売れるまでの期間が長くなることもあります。
これに対して不動産買取は買取業者を数社見つける、それぞれの会社に買取査定を依頼して提示された金額の中でも高い会社と取引するなどの方法で行うので、仲介を利用するよりも不動産買取を使った方が早期売却が実現します。

不動産買取は仲介手数料が発生しない取引

手持ちの不動産を売りたい場合、通常は不動産会社に依頼して買い手を探してもらいます。
これを仲介といいます。
また、不動産会社自身に物件を買い取ってもらう方法もあります。
こちらは、不動産買取と呼ばれています。
不動産買取には、買い手探しに必要な時間を節約できるため、仲介よりも早く現金化できる可能性が高いというメリットがあります。
物件を査定してもらい、その金額が妥当だと考えればただちに売買契約を締結することができます。
さらに、仲介手数料が発生しないというのも、売り手にとってはメリットの1つです。
仲介手数料は、不動産会社が買い手を見つけてきて、売買契約を取りまとめてくれたことに対する一種の成功報酬です。
しかし不動産買取の場合は自ら物件を買い取るため、買い手を他に探す必要がありません。
それゆえ手数料も発生しないのです。
物件価格次第では100万円単位になることも珍しくない手数料の支払いが不要になるのですから、大きな利点です。

不動産買取は瑕疵担保責任が問われない?

住宅に関しては、国内では瑕疵担保責任が適用され、10年間という長い年月で欠陥が見つかった際には施工会社によって無償で修理をすることが義務化されています。
一方で生活を送ってきた自宅を不動産買取会社に依頼をする方法では、原は瑕疵担保責任は適用されないことが基本になります。
この理由には不動産買取を行っている会社側は、不動産におけるプロフェッショナルとして営業をしていることになるので、買取依頼をした際に現地調査を行う段階で所有者も把握できていない問題点を見抜く能力があると判断されるものです。
売主よりも住宅に精通した会社が対応するものなので、瑕疵担保の問題は後から見つかったとしても売主が何らかの負担を強いられることはありません。
多くの事例で不動産を直接買取りしている会社の場合、リフォームを行ってから再販することが多いので、重大な欠陥があった場合でも問題にしないことが多い傾向にあります。
仲介での売却よりも安く買取りを行うことが前提ですが、欠陥による責任等は来社側は気にする必要性はありません。

不動産買取は買取業者を複数選んで相見積もりが高価売却に繋がる

不動産買取は、訪問査定の依頼をして見積もりの提示、その金額で了承できるときには買取が成立するといった流れになる取引方法です。
仲介業者を利用した不動産売却と比べると短期間で売れるので現金化を急いでいるときなど好都合です。
ただ、買取価格は業者ごとに異なるので1社だけで決めることは避けましょう。
最低でも3~4社の不動産買取業者を選んで相見積もりをすることで高値で提示する会社を見つけることができます。
なお、不動産買取を行っている会社が多くあるのですが、それぞれの会社ごとに得意領域があったり実績などにも差があるため売りたい物件の種類を得意にしている会社を見つけることがポイントです。
例えば、一戸建て住宅を売却したい人はマンションよりも一戸建て住宅の実績を多く持つ会社を数社探す、それぞれの会社に見積もりを依頼して提示額を比較するといった流れになるわけです。
経験が豊富な会社ほど高値を付けてくれる、これは販路を豊富に持っていたり再販の自信があるからです。